グローバルな成功のためのeラーニング・ローカリゼーションの力

国際的に事業を展開している企業たちは、お互いに英語を通じてコミュニケーションをとることが多いです。なぜなら、英語はビジネスの世界において主要言語となっているからです。さらに、会社の教育コンテンツも同様に英語です。しかし海外のチームメンバーのためのeラーニングローカリゼーションに投資することは、英語コンテンツをそのままにするよりも多くのメリットをもらたすことでしょう。 バイリンガルの人材に頼る企業は、自らに制限をかけてしまっています。一方でどのようなコンテンツであれ、それらをローカライズすることにより、海外のコンテンツに比べてより明確かつ効果的にターゲット層のオーディエンスの心に響く可能性が高くなります。当ブログでは、プロフェッショナルなeラーニングローカリゼーションサービスが、世界での成功にもたらす意義についてご紹介してまいります。 主なポイント eラーニングのローカリゼーションには、海外チーム向けのコンテンツをアクセスしやすく、かつ理解しやすくすることが含まれており、最終的にエンゲージメントおよび定着率を高めます。 eラーニングローカリゼーションサービスへの投資は、グローバルトレーニングプログラムにおける企業の成功率アップにつながります。 CCCのような最高のeラーニング・ローカリゼーション・プロバイダーだけが、貴社のグローバル・トレーニングの取り組みが言語的・文化的要求に確実に応えることができるのです。 目次 教育コンテンツのローカライズをする理由とは? eラーニングのローカリゼーションプロセスはどのようなものか? eラーニングコースのローカライズにはどれくらいの時間がかかる? CCC:プロのeラーニングローカリゼーションサービスプロバイダー 教育コンテンツのローカライズをする理由とは? テクノロジーの進化はとどまるところを知らず、企業や教育機関に対し、国境を越えて多様なオーディエンスにアプローチする機会をより多く与えています。しかしこのような見込み客との無限の関わりは、関係学習者と共鳴して初めて可能になりのです。 そのため、eラーニングコンテンツの翻訳とローカリゼーションは、海外チームメンバーのスピードアップに必要不可欠です。ここでは、教育コンテンツのローカライズが不可欠な理由を詳しくご説明します: 学習者のエンゲージメントおよび理解力の向上 国際連合教育科学文化機関(UNESCO)によれば、学習者は母国語のコンテンツに深く関与しているとのことです。このことから、たとえビジネスの場であっても、教材をローカライズすることは、より高レベルの学習意欲につながる可能性があります。 熱心な学習者は意欲的ですので、そのような個人がいれば、学習の成果も上がりやすいです。それぞれの好みの言語でコンテンツにアクセスが可能になれば、複雑な概念からの情報を理解し、それを保持できる可能性が高くなります。 さらに、レッスンから得た知識を効果的に活用することもできます。ローカライズされたコンテンツは、誤解や誤った解釈のリスクの軽減にもつながります。要するに、eラーニングローカリゼーションサービスは、言語の壁を無くし、明確なコラボレーションおよびコミュニケーションを促進することができます。 多様な言語的・文化的オーディエンスへの対応 学習者は一人ひとりが個性的であり、文書による指示によく反応する人もいれば、視覚的な学習者の方もいるでしょう。さらに、言語的な背景や文化的な背景が入り混じったりすることもあります。 学習者の言語を話すことで、より没入感のある、パーソナライズされた学習体験を生むことができます。教育コンテンツをローカライズすることにより、これらの違いを認め、加えてより包括的かつアクセスしやすい学習オプションを提供することで、学習者への尊重も示すことができます。 注: eラーニングのローカリゼーションは単なる翻訳ではありません。簡単に言えば、eラーニングコンテンツの翻訳は、より大規模なローカリゼーションプロセスの一部であります。ローカリゼーションとは基本的に文化的感受性を認識しつつ、言語的ニーズに合わせて教材を適合させることを意味します。さらに、特定のターゲット層のオーディエンスの教育的嗜好も考慮します。 ブランドの評判と国際競争力を高める 人々のさまざまな学習スタイルを尊重することは、自社のインクルージョンへの献身を示すことになります。ローカライズされたeラーニング教材に取り組むことにより、多様性ならびに公平性に根ざしたグローバルな慣行を採用し、ブランドの評判を高めることが可能です。 高品質な学習体験を促進するだけでなく、教育コンテンツをローカライズすることにより、グローバル教育における自社のブランドの位置づけを高めることができます。多様なチームに対応した社内コンテンツで、重要な文化的適応を度外視したライバル会社との差別化を図ることが可能です。 さらに、ローカライズされたコンテンツの提供によって得られるブランド評価の向上は、多様な背景を持つ人々を惹きつける要因にもなります。これらの人々がカスタマイズされたコンテンツを持つことで、定着率の向上につながり、結果的に世界的なリーチおよび影響力は拡大されるでしょう。 eラーニングのローカリゼーションプロセスとは? 一見すると、eラーニング教材のローカリゼーションは対象学習者の嗜好にコンテンツを効果的に適合させる包括的なプロセスです。サービスプロバイダーのアプローチはそれぞれ異なりますが、ここでは一般的なステップについて詳しく説明してまいります。 コンテンツ分析 ローカリゼーションの専門家たちは、既存のeラーニングコンテンツを徹底的に分析し、教材の範囲や複雑さ、その対象読者を評価します。この最初のステップは、最終製品の基盤にもなるため、非常に重要です。 コンテンツを分析することで、プロのローカライザーがぶつかる恐れのある潜在的な課題を発見することができ、その過程でチャンスを見出すこともできます。分析時、専門家は適応が必要な 文化的レファレンスや慣用表現にぶつかる可能性が高いです。 翻訳と適応 eラーニング教材のローカライズは、多言語翻訳にかかっており、この基礎的な側面には言語から別の言語に内容を変えることも含まれています。当プロセスでは意味やトーン、文脈などを保持する必要があります。 However, localization also requires cultural adaptation. That is, literal translations might be nonsensical to the target audience. Instead, the content must resonate with the target audience and align with linguistic norms. しかし、ローカリゼーションには文化的な適応も必要になります。これは、直訳されたものではターゲット読者に意味が通じない可能性があるからです。なので、コンテンツはターゲット層のオーディエンスの心に響き、言語的規範に沿ったものでなければなりません。 プロのアドバイス: ターゲット言語のネイティブスピーカーに翻訳を依頼することは、質の高いローカライズを行う上で非常に有効です。これらの専門家は、ターゲットオーディエンスの文化的規範を実体験している可能性が高い。そのため、文化的な妥当性を確保するために修正が必要な例やシナリオについての洞察力があります。 ローカリゼーションのテスト ローカライザーはコンテンツを翻訳してローカライズする際に、ローカライズされたコンテンツをテストする必要があり、これによりターゲットとする読者への効果を確認することができます。これらのテストは翻訳された作品が言語・文化面において機能するか否かを確認する上で必要不可欠です。 この段階では、厳密な評価が行われます。要因としては、言語の正確さ、インターフェースの機能性、マルチメディアの互換性、全体的なユーザー体験などが挙げられます。ローカライザーは、テストユーザーからフィードバックを得て、最終版の前に改善点を特定することもあります。 展開およびメンテナンス eラーニング教材のローカリゼーションのテストが完了したら、専門家はコンテンツを関連プラットフォームにて展開することができます。eラーニングのプラットフォームや配信チャンネルは企業によって異なります。 なお、導入後もメンテナンスは必要であり、継続的なモニタリングは、学習者にとってローカライズされたコンテンツが適切であり続けることを保証します。学習教材は切っても切り離せないものであり、情報も時間の経過とともに変化する可能性があることから、精度を保証するためにもメンテナンスは貴重なものとなります。 [...]

By |May 23rd, 2024|Categories: JP|

Unveiling Challenges in Webtoon Translation: Tips and Solutions

Webtoons have gained immense popularity worldwide, with one of the largest platforms drawing over 72 million monthly active users. However, this popularity comes with challenges in webtoon translation.  In this comprehensive guide, we will unravel the intricacies of webtoon translation. Join us as we identify common webtoon translation problems and explore the best solutions to address them. Key Takeaways: Challenges in webtoon translation revolve around quality, in terms of fidelity to the original and cultural contexts. Finding the balance between localization and translation is one of the key webtoon translation problems. Preserving emotional impact and message effectiveness when translating sound [...]

自由に在宅作業!MTPE(機械翻訳ポストエディット)業務

株式会社クリエイティブコネクションズ&コモンズでは、英語→日語の機械翻訳ポストエディット作業の在宅ワーカーを募集しています。 私たちが目指すもの 【応募資格】 - 日本語を母国語とする方 - 英語でのコミュニケーションが可能な方(ビジネス英語レベル) 目安:TOEIC 700点〜(あくまで目安であり、TOEIC650点の方でも、スコアをお持ちでない方もご応募可能です) - クライアントへの納品が週に一度あるため、最低でも8時間〜10時間/1週間 程度の作業を行っていただける方(作業上限はございませんので、お時間のある方はとにかくたくさんお仕事ができます) 【プロジェクト期間】 - 2023年9月後半〜2024年2月 【応募方法】 - もしも本プロジェクトにご興味をお持ちいただけ、ご協力いただける場合は、下記のフォームに必要事項をご記入の上、送信をお願いいたします。- また、お知り合いにご興味のある方がいらっしゃいましたら、こちらのフォームをお送りいただけますでしょうか。 皆様のご応募を心よりお待ちしております。 よろしくお願いいたします! Apply here!

By |September 25th, 2023|Categories: Careers|Tags: , , |
Go to Top